2017年05月01日

Outlook2013で他の人予定表や会議室の予定表など作成権限がない予定表をダブルクリックすると「このフォルダー内にアイテムを作成するためのアクセス権がありません・・・」と表示される事象について


こんにちは、神代です。

今回は私が保守をさせて頂いているお客様環境で、
Office2010からOffice2013に移行した際に多くお問合せ頂いた内容を紹介したいと思います。

●エラー内容
Outlook2013で他の人予定表や会議室の予定表など作成権限がない予定表
ダブルクリックで予定を登録しようとすると下記エラーが表示されてしまう事象についてです。
会議室予約_1.jpg

上記エラーが表示される場合でも下記方法で予約することができます。

方法1
予定表の表示形式が「日」「稼働日」「週」「月」だとエラーが表示されてしまうので
「グループスケジュール」に変更し、対象の予定表をダブルクリックして登録する。
会議室予約_2.jpg


方法2
自分の予定表を開き、新しい会議の登録で対象の人、会議室を追加する。

自分の予定表を開き、「新しい会議」をクリックする。
会議室予約_3.jpg

「会議室」をクリック。
会議室予約_4.jpg

対象会議室を選択し「会議室」をクリック、選択が完了したら「OK」をクリックする。
会議室予約_5.jpg

「送信」をクリックする。
会議室予約_6.jpg

方法は以上になります。
Office2010ではダブルクリックで予約出来ていたものが、Office2013ではエラーになってしまうのか
調べてみたところマイクロソフトのOutlookサポートブログに記載があり仕様変更が原因だったようです。

Outlook2010の場合は
・予定表の表示形式が「日」「稼働日」「週」「月」の場合
 ⇒作成権限がある場合は予定を作成作成権限がない場合は会議を作成
・予定表の表示形式が「グループスケジュール」の場合
 ⇒会議を作成

Outlook2013の場合は
・予定表の表示形式が「日」「稼働日」「週」「月」の場合
 ⇒予定を作成(作成権限がない場合”予定の作成”はできないためエラーになる)
・予定表の表示形式が「グループスケジュール」の場合
 ⇒会議を作成

※更新プログラムの適用状態によっても動作が異なるようなので詳細は下記URLをご覧ください。


Office2016も基本的にはOffice2013と同様の仕様になっているようですが、
上で紹介した「方法1」の表示形式をグループスケジュールに変更して
ダブルクリックで会議登録するにはレジストリ設定が必要になるようです。

●Office2016 でのレジストリ設定
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options\Calendar
値の名前: UseMeetingInDelegateScheduleView
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 1


Outlook2010からOutlook2013 or Outlook2016に移行した場合には
問題になる可能性が高いと思われますので紹介いたしました。

今回は以上になります。
posted by 神代 at 11:28| Comment(0) | Windows・Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

Excelでの便利なショートカットキー

こんにちは。河辺です。

皆様、Excelお使いですか?

会社でお仕事されている場合、どんな職種でもまず間違いなく

使うソフトの代表格だと思います。

先日、Wordで資料作成する機会があったのですが、

まぁ使いにくいこと・・・
 ※いや、本当はすごく便利なソフトなんですよ!

Excelは視覚的、直感的に作成できるので

資料は何でもExcelで作る!っていう方も多くいらっしゃいます。


ではそのExcelですが、効率的に操作できていますか?

マウスであちこちクリックしたり、右クリックしたりとかしてませんか?


という事で今回は、Excelでの便利なショートカットキーを紹介します。

これを覚えたらExcelでの作業効率アップ間違いなし。

さらに周りから「すごーい」って思われますよ!(笑


実はショートカットキー(以下SCキー)はかなり多くのものがあるのですが、

比較的良く使うものだけをピックアップして紹介します。

尚、今回は画面がありませんので、皆様Excelを起動して

確認しつつ読むことをおススメします。



1.[F2]:セルの編集

  セル内の文字を修正しようとしてカーソルキーで移動させると
  セルが移動しちゃいますよね。
  先にF2を押してからカーソルキーを使いましょう。
 

2.[Ctrl]+[1]:セルの書式設定

  今回一番紹介したいSCキーがこちら。
  [1]はテンキーではなく、Qの上にある方です。
  大体は右クリックからの書式設定をクリックすると思うんですが、
  このSCキーで書式設定の窓がすぐ開きます。
 

3.[Ctrl]+[Z]:直前の動作の取り消し

  大事なセルの内容を消してしまった!という時に
  すぐさまこのSCキーを打ちましょう。
  これは一番使われるSCキーだと思います。
  ご存知の方も多いのではないでしょうか。
 

4.[Ctrl]+[Y]:繰り返し

  直前の動作を繰り返します。[F4]キーも同じです。
  書式設定とか行の挿入とか、場所を変えて繰り返し同じ動作をする場合、
  非常に便利なSCキーです。
  あと、[Ctrl]+[Z]で取り消したものをやっぱり戻したい
  という時にこのSCキーで戻せます。
 

5.[Ctrl]+[F]:検索
 [Ctrl]+[H]:置換

  検索のSCキーは知っている方でも、置換は知らないのでは?
  まぁタブで分かれてるだけなので、Fさえ覚えておけばいいのですが。
 

6.[Ctrl]+[X]:切り取り
 [Ctrl]+[C]:コピー
 [Ctrl]+[V]:貼り付け

  この3つはSCキーの基本中の基本ですね。
  まずほとんどの方がご存知だとは思いますが、
  念の為載せておきました。
 

7.[Ctrl]+[D]:上のセルをコピー
 [Ctrl]+[R]:左のセルをコピー

  あまり使うタイミングは無いと思いますが。
  [Ctrl]+[C]と[V]を使うより一回で終わるので、
  覚えておいても損は無いと思います。


8.[Ctrl]+[S]:ファイルの上書き保存

  Excel作成中にPCがハングしたりクラッシュしたりして、
  そんな時に限って長時間保存してなかったり・・・。
  泣く泣く作り直した経験が皆様にもあるはず(苦笑
  このSCキーを覚えてこまめに保存するようにしておくと安心です。
  ただ、余計な上書きしてしまっても[Ctrl]+[Z]では戻せませんので
  充分お気を付けください・・・。
 


以上です。

他にもまだまだ便利なSCキーはあるので、

興味のある方はググってみてください(笑


では今回はこの辺で。

posted by 河辺 at 16:39| Comment(0) | Windows・Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

AMDの新CPU「Ryzen」について

こんにちは、佐々木です。

今回はCPU "Ryzen"のお話です。

その前にCPUとは何ぞや?という方もおられるかもしれませんので
まずは簡単にご説明だけ。


CPUとは、”セントラル・プロセッシング・ユニット”の略であり、制御・演算処理を
担当しているパーツであり、PCの頭脳にあたるものです。

そのためPCの性能はCPUの性能に大きく依存しております。


CPUの代表的なメーカーですがこれには2つあり、1つは皆さんご存じ"intel"
もう1つを”AMD”といいます。

2大メーカーではあるのですが、市場的には大部分のシェアをintelが占めており
ほぼ独占しているといっていいかもしれません。

そんな背景もあってかintelの新CPUの発表ではほぼ性能の微増にとどまっており
価格的にも大きな変化はありませんでした。
(というか徐々に高くなっているような・・・)

ところが、先月AMDは新シリーズ”Ryzen”を発表しました。

なんとこのシリーズ、intel半額以下の価格で同等以上の性能が見込めるということで
自作PCユーザー界で大きな話題になっておりました。

自作しないユーザーにとっては今回のニュースは関係ないと思われるかもしれませんが、
これを受けインテルは現行のcore iシリーズCPUで値下げを敢行しております。

これにより今後PCの購入を検討されている方は、高性能なPCをより安価で購入
できるようになると思われます。

市場の活性化ですね。

今後も2大メーカーの競争による発展を期待したいと思います。

それでは今回はこのあたりで失礼いたします。




続きを読む
posted by 佐々木 at 18:01| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする