2017年07月24日

テレワーク・働き方改革とは?

皆さんこんにちは。川島です。
今回はテレワーク・働き方改革』について書きたいと思います。

そもそも、テレワークとは何かというと、
『在宅勤務』のことで、時間や場所にとらわれない
柔軟な働き方のことを指しています。
(tele=遠隔地 work=働く)

こういった勤務を実現するために、情報通信技術(ICT)を
活用した勤務環境の整備が活発化しています。

では、何故このような取組がされているかというと、
下記のような目的があります。

 @出産・育児・介護などの家庭環境に
  左右されない就業機会の拡大。

 Aワーク・ライフ・バランスの実現による、
  家庭環境の改善・精神的な負担の軽減。

 B残業時間の低減、コストの削減

 C多様な雇用形態の人材の確保

このような動きは、東日本大震災の頃から積極的に
進んでおり、このような『働き方改革』を国をあげて推進しています。

さて、このようなテレワークを進めるに当たり、
どういったシステムが必要になってくるかというと、下記のようなものが
あげられます。

 @クラウドサービスを利用したストレージやメールの利用

 Aモバイル機器やVPNなどを利用した機器を選ばないリモートアクセス

 BTV会議などによる遠隔会議の実現

各社とも様々な特色があり、用途に合わせた選択が
出来るようになっていますが、概ね上記3つに該当するものと
なっております。

大手企業などでも働き方改革が進められており、上記テレワークだけでなく、
サテライトオフィス(事務所外に設置された簡易オフィス)の設置や、
ペーパーレス推進といった生産性の向上・コスト削減への動きも活発化しております。

ただ、現状動き始めているものの手探りという状況に感じられます。
セキュリティの問題や、業務のやり方など問題を解決していかないと、
なかなか根付かないかも知れませんね。

こういった取組により、是非とも私も含めた勤務環境の改善が
進むといいのですけどね。

では、今回はこの辺で。
続きを読む
posted by 川島 at 11:53| Comment(0) | 運用保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

Windows10 画像ファイルを開く際の既定のアプリを「Windows フォトビューアー」に設定する方法

こんにちは、神代です。
今回はWindows10マスタ作成時に少し手こずった、
画像ファイルの既定のアプリ設定について紹介したいと思います。


Windows10ではJPEGやPNGなどの画像ファイルを開く際に、
既定のアプリが「フォト」というWindowsストアアプリに設定されています。

「フォト」で写真を開くとこのような画面になります。
Win10_Viewer_1.JPG

ウィンドウの左上にある「すべての写真を表示」をクリックすることで、
Win10_Viewer_2.JPG

「ピクチャ」や「OneDrive」などに保存している画像を一覧で見ることも可能です。
Win10_Viewer_3.JPG


この「フォト」ですがエンドユーザー様から使いづらいという要望をもらったことがあり、
Windows7の時に使用していた、Windows フォトビューアーに変更しようとしたのですが、

「画像ファイルを右クリックし」→「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」
をクリックしても一覧に「Windows フォトビューアー」が表示されなくなっていました。
Win10_Viewer_4.jpg 
Win10_Viewer_5.jpg


コントロールパネルからなら設定が可能なのではないかと思い、確認してみました。
「コントロールパネル」→「既定のプログラム」
Win10_Viewer_6.JPG

「既定のプログラムの設定」を開き、
Win10_Viewer_7.JPG

「Windows フォトビューアー」を選択し、
「既定でこのプログラムで開く項目を選択する」をクリックする。
Win10_Viewer_8.JPG

選択肢にTIF、TIFFしか表示されません。
どうもWindows10ではTIF専用アプリとして扱われているようです。
Win10_Viewer_9.JPG

そこで調査してみたところ、レジストリ設定で「TIF」以外の画像ファイルの
既定のアプリに設定できることが分かりました。レジストリの内容は以下になります。

下記内容をメモ帳などに貼り付け、
拡張子を .reg にして保存した後にダブルクリックでインポートしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll]

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell]

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\open]
 "MuiVerb"="@photoviewer.dll,-3043"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\open\command]
 @=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
 00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,72,00,75,00,\
 6e,00,64,00,6c,00,6c,00,33,00,32,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,\
 00,50,00,72,00,6f,00,67,00,72,00,61,00,6d,00,46,00,69,00,6c,00,65,00,73,00,\
 25,00,5c,00,57,00,69,00,6e,00,64,00,6f,00,77,00,73,00,20,00,50,00,68,00,6f,\
 00,74,00,6f,00,20,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,5c,00,50,00,68,00,\
 6f,00,74,00,6f,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,\
 00,22,00,2c,00,20,00,49,00,6d,00,61,00,67,00,65,00,56,00,69,00,65,00,77,00,\
 5f,00,46,00,75,00,6c,00,6c,00,73,00,63,00,72,00,65,00,65,00,6e,00,20,00,25,\
 00,31,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\open\DropTarget]
 "Clsid"="{FFE2A43C-56B9-4bf5-9A79-CC6D4285608A}"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\print]

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\print\command]
 @=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\
 00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,72,00,75,00,\
 6e,00,64,00,6c,00,6c,00,33,00,32,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,\
 00,50,00,72,00,6f,00,67,00,72,00,61,00,6d,00,46,00,69,00,6c,00,65,00,73,00,\
 25,00,5c,00,57,00,69,00,6e,00,64,00,6f,00,77,00,73,00,20,00,50,00,68,00,6f,\
 00,74,00,6f,00,20,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,5c,00,50,00,68,00,\
 6f,00,74,00,6f,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,\
 00,22,00,2c,00,20,00,49,00,6d,00,61,00,67,00,65,00,56,00,69,00,65,00,77,00,\
 5f,00,46,00,75,00,6c,00,6c,00,73,00,63,00,72,00,65,00,65,00,6e,00,20,00,25,\
 00,31,00,00,00

[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\print\DropTarget]
 "Clsid"="{60fd46de-f830-4894-a628-6fa81bc0190d}"

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インポート後にJPGファイルを右クリックし、プログラムから開くを選択したところ
「Windows フォトビューアー」が表示されました。

常にこのアプリを使って***ファイルを開く」にチェックを入れ「OK」をクリックすれば
今後もWindows フォトビューアーで開くことが可能です。
Win10_Viewer_10.jpg

以下フォトビューアーの画面です。
Win10_Viewer_11.JPG


またコントロールパネルの「既定のプログラム」→
「ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け」
から他の画像ファイルとの関連付けも可能です。

※「既定のプログラムの設定」
 からはレジストリインポート後も関連付けが出来ませんでした。
Win10_Viewer_12.JPG

Win10_Viewer_13.jpg


関連付け完了後に以前紹介した、既定のアプリの設定をXMLファイルにエクスポートし、
インポートする方法で「Windows フォトビューアー」の既定設定が
保持されることも確認出来ました。

以前の記事はこちら

※ただし「Windows フォトビューアーに関連付けされたファイルの
初回起動時に下記画面が表示されてしまいます。
OKをクリックすれば、その後も「Windows フォトビュアー」で開くことが出来ます。
Win10_Viewer_14.jpg

フォトが使いにくいと感じた場合やマスタイメージ作成時に
ぜひ今回の方法を活用してみてください!

今回は以上になります。



posted by 神代 at 11:59| Comment(0) | Windows・Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

IT機器の廃棄について

こんにちは。河辺です。

弊社(CBIT)は平成3年の設立より、今期で28期目となりました。

もう四半世紀以上、IT屋として仕事をしております。

詳しくは弊社HPにて↓
 株式会社CBIT(シービット)会社概要

当然の事ながら、IT機器を多く所有してます。

商売道具のようなものですからね。

IT業界のみならず、どの業界でもIT機器は普通に使われてますし、

むしろパソコンとか一切使わない仕事ってまずありませんよね。


そして、PCや携帯電話などのIT機器は劇的に進歩しました。

Windows7が出始めたあたりから(リリースは2009年)

進歩の度合いが緩やかになった感じはありますが、

それでも数年前のPCはスペック的に物足りなさを感じてしまいます。


さて、その古くなって誰も使っていないPC

「もしかしたら何かに使うかもしれない」という理由だったり、

「ある程度まとまった台数になるまで保管する」という理由で

社内の片隅に積まれていませんか?

どうやって廃棄すれば良いか分からない」なんて理由もあるでしょう。


ご自宅の場合も同じですね。

新しいPCの購入時に、『データ移行+古いPCを下取り』なんてサービスを

やっている店舗もありますが、

既存PCが壊れていなければ「まだ使えるし」と保管するケースが多いですね。


そうやって保管していたPC、ずっとそのままにしておくわけにもいきません

まだ動くものであれば、データ消去しオークションや中古販売店に売る、

という手もありますが、それなりの知識や手間をかける時間が必要です。

普通に粗大ごみとして捨てるにも、お金がかかります。

 ※「資源有効利用促進法」(PCリサイクル法)
  2003年施行。廃棄PCはパソコンメーカーが回収・リサイクルを実施する法律。
  PCリサイクルマーク(↓) が付いていないPCは料金がかかる。
    pc_rec.gif

そもそも、PCは個人情報の塊です。

完全にデータ消去できているかも不安ですよね。

ですがちょっとした知識があれば、これは簡単にできるものです。

以前に記事を書いてますので、そちらを参考にしてください。
USBメモリについて(3)USBメモリの廃棄
 この記事の「Cipher.exe」というWindows標準のツールを使います。


「お金もかけたくないし、時間もかけられない。PCの知識もあまり無い。
 売ってお金にしようとは思わないから、タダで持って行ってくれないかな?
 データ漏洩が怖いから、データ消去もちゃんとしてね!」

なんてお思いの貴兄貴女。

良い方法、ありますよ!

それは『PC回収業者』を利用する事です!

多分、ネットで一度は目にしたことがあると思いますが、

「パソコン無料で回収いたします」の文言。

ちょっと惹かれますが、すぐさま思い浮かぶのが「あやしい」ですね(笑

中のデータが目的で、情報を売られるのではないか、と・・・。


『PC廃棄』で検索すると分かりますが、このようなPC回収業者は多いです。

【一部例】
 ・パソコン回収.com
 ・パソコンファーム
 ・パソコン処分.com
 ・パソコン廃棄.com
※似たような名前が多いですが(^_^;)

これら業者に共通しているのが、廃棄ではなく「リユース・リサイクル」という点。

古くなって動作が遅いPCでも、需要があるところにはあるものです。

壊れていて動かないPCでも、パーツを細かく分類してリサイクルします。

これらによって収益化されるため、無料で引き取る事ができるのです。


気になるデータ消去も、しかるべき手段によって消去を行い、

場合によっては物理的な破壊(ドリルで穴を開けたり、高圧で外装ごと破壊する等)

を行い、業者によってはそれを見学できるサービスもあったりします。

当然、「データ消去証明書」も発行されるので安心ですね。


そして、さらに便利な点が。

それはPCだけでなく、いわゆる「家電」も回収してくれる事!

ご家庭やオフィスでもあると思いますが、普通に捨てるとお金がかかるような家電製品。

シュレッダー、デジカメ、掃除機やエアコンまで回収する業者もあります。


引き取り方法も、持ち込みや着払いでの発送、訪問回収など

業者によって色々と方法がありますので、

いくつか比べてみると良いでしょう。

オフィスだけでなく個人でも利用できる業者がほとんどで、

1台からでも受け付けています。


「無料なんて怪しい。タダより高いものは無い。」

なんて思いがちですが、安心安全な業者がほとんどです。

ぜひ利用する事をお勧めします!

posted by 河辺 at 17:11| Comment(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする