2017年09月04日

SSDについて

こんにちは。河辺です。

今回はPCの高速化には欠かせない

「SSD:Solid State Drive」

について説明したいと思います。


一昔前までは、速いけれど高価で手が出ない、とか

書き込み回数制限があるから長持ちしない、とか

色々と情報が出回っていたと思います。

ここ数年で急速に普及し落ち着いてきた感がありますので、

今現在のSSDについて調べてみました。


詳細に説明するのは他の専門サイトにお任せするとし、

当サイトでは、ここだけ押さえておけば良いという一般的なレベル

でお話いたします(笑



【SSDの仕組み】

まず、そもそもSSDとは何なのか?と言いますと

「半導体素子メモリを用いた、ストレージとして扱うことのできるデバイス」

です。

要は中身がメモリになっているハードディスクですね。


接続方法がUSBであれば「USBメモリ」、

ハードディスクのようなSATAやSASでの接続が「SSD」となります。


半導体素子メモリの仕組みを説明するとかなり専門的になってしまうのですが、

電圧調整で「セル」という部屋に電子を貯める事で情報を記憶します。



【疑問1:TLCとかMLCって何?】

SSDを購入する時等、TLCとかMLCなどの表示があると思います。

これはフラッシュメモリーのタイプを表しています。

「セル」内にある電子の量で情報を記憶するのですが、

SLC(Single Level Cell)は0か1、電子が有るか無いかで判断します。

MLC(Multi Level Cell)は複数のレベルを記憶します。

これは「全く無い」「少しある」「まあまあある」「たくさんある」という

4段階のレベルで判断します。面白いですよね。

TLC(Triple Level Cell)はさらに倍の8段階で判断します。


TLCの技術により大容量化が可能になりましたが、当然エラー率も上がります。

SLCは電子が「ある」か「ない」かで判断できるので、

少しの電子漏れでも大丈夫なのですが、

8段階の状態で判断するのは結構シビアですから。

とは言ってもエラーが大量に出るといったものではありません

一般的に販売されているSSDはTLCとMLCがよくありますが、

安価なSSDは大体がTLCです。

性能で言うとMLCの方が上になりますので、ここら辺もよく考えて

購入を検討してくださいね。


【疑問2:寿命が短い?】

セル内に電子を移動させて情報を記憶させるのですが、

この部屋の仕切りである「トンネル酸化膜」が劣化すると

電子が漏れてしまいデータ抜け等の原因となります。

これがいわゆる寿命ですね。

SLCで10万回の書き込み、MLCで1万回、TLCで1000回というのが平均的な数字のようです。


ですが今は、ウェアレべリング等の寿命を延ばす仕組みや、

データ記録保護等の技術により

普通に使っていればそうそう寿命になる事は無いようです。


それよりも、コントローラの故障で壊れる事の方が多いですね・・・。

HDDは何とかデータを抜くことが出来るケースが多いですが、

SSDのコントローラ故障の場合は厄介です。

ある日突然動かなくなってデータも取り出せない、なんて事が

私自身2度ほど遭遇しました(-_-;)



【結論】

従来のHDDに比べ、SSDは以下のようなメリットがあります。

・メモリなのでアクセスが非常に速い。

・物理的な可動部分が無いので壊れにくく静音。消費電力も少ない。

・振動や衝撃に強い。

・今後はさらなる大容量化が見込める。


逆にデメリットは、

・HDDと比較して容量当たりのコストが高い。

・書き込み回数に上限がある。

・データが増えると応答速度が長くなる。

というものがあります。


トータルで考えると、PCのスピード大幅向上は非常に魅力です。

万が一のデータバックアップに気を付ける必要はありますが、

これはSSDに限った事ではありません。


PCのリプレイス、新規購入を検討されている方、

HDDよりSSDを是非お勧めしますよ!


では今回はこの辺で。
posted by 河辺 at 16:45| Comment(0) | PC・タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

拡張子について

こんにちは、佐々木です。

今回は拡張子についてお話させて頂きます。

拡張子とは何か?
改めて言うまでもないことかもしれませんが、拡張子とはファイルの末尾に付いている
「.(ピリオド)+英数字3文字」で表す文字列で、ファイルの種類を示すのに使われます。

つまり拡張子を見ればそのファイルがどんなファイルかわかるわけですね。

では、拡張子にはどのようなものがあるのか?
今回はよく使われる代表的な拡張子から、ちょっとマイナーな拡張子を取り上げたいと
思います。

【圧縮ファイル】
・zip
 ⇒広く一般的に使われている為、汎用性が高い
・rar
 ⇒高圧縮率
・lzh
 ⇒主に日本国内で流通
・7z
 ⇒zipよりも高い圧縮率

【Office】
・doc、docx
 ⇒wordファイル
・xls、xlsx
 ⇒excelファイル
・ppt、pptx
 ⇒powerpointファイル
・accdb、.accdb
 ⇒accessファイル

【adobe】
・pdf
 ⇒PDFファイル
・psd
 ⇒Photoshopファイル
・ai
 ⇒Illustratorファイル
・indd
 ⇒InDesignファイル

【画像ファイル】
・jpeg、jpg
 ⇒写真に適した画像形式
・gif
 ⇒256色以下の色で構成される2次元の画像に適した形式
・png
 ⇒主にWeb用途で使われる画像形式
・tiff、tif
 ⇒高解像度画像形式
・bmp
 ⇒Microsoft Windowsに対応するために作られた画像形式

【音楽ファイル】
・mp3
 ⇒広く一般的に使われている為、汎用性が高い
.wav
 ⇒windows標準の音楽ファイル形式
・aiff
 ⇒Macintosh標準の音楽ファイル形式
・wma
 ⇒WindowsMediaPlayerでよく使われている音楽ファイル形式
・m4a
 ⇒Tunes Storeなどで提供されている音楽ファイル形式
・3gp
 ⇒主に携帯電話で使われていた音楽ファイル形式
・aac
 ⇒mp3より新しいのでファイルサイズに対して高音質
・flac
 ⇒標準的なハイレゾ音源

【動画ファイル】
・avi
 ⇒Microsoft(Windows)での標準動画形式
・mp4
 ⇒携帯電話からデジタル家電に至るまで多くのアプリケーションで利用可。汎用性が高い。
・mov
 ⇒Appleでの標準動画形式
・flv
 ⇒Flash Playerがサポートしているコーデックの含む動画を再生する事が出来る動画形式
・その他
 ⇒mkv、webm、asf、vobなど


いかがでしょうか?
普段使うようなファイルもこのように複数のファイル形式があります。

全てを覚える必要はありませんが、拡張子を見てそれがどのようなファイルなのか
事前にわかれば作業が捗りやすくなります。

興味があれば普段使用しているファイルの拡張子を意識して見てください。

今回はこのへんで失礼いたします。
posted by 佐々木 at 18:41| Comment(0) | Windows・Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

ランサムウェアだけじゃない。ウイルスメールにご注意を


こんにちは。和地です。


少し前になりますが川島、佐々木よりコンピューターウイルスについての記事があがっておりましたね。

詳しくはこちら。
川島「ランサムウェア(Ransomware)とはなにか?」

佐々木「ウイルスについてのあれこれ」

今回はお客様先で実際にあった事例をお話したいと思います。


今回あったのは一通のメール

送信元はランダム(踏み台になっている可能性大)

件名が「賃料入金の案内」や「請求書を送付します」と記載。

メール本文には「お送りします、ご確認ください 日本人名(これもランダム)」とだけ記載されている。

そしてファイルが添付されており「.txt」や「.xls」のファイルが
付いております。

イメージはこのような感じです

メール.jpg

非常に怪しいメールだったのでユーザーには開かずに削除してもらうようお話しし
後日JC3に情報がないか確認したところ
インターネットバンキングマルウェアに感染させるウイルスメールだったことがわかりました。


詳しくはこちら


請求書や入金案内などユーザーにとって「なんだろう?関係者からのメール?」と思わせるような内容となっており、ユーザーにファイルを開かせるような手法がとられております。

川島や佐々木も案内しておりましたが


怪しい添付ファイルは絶対に開かないこと


これが一番です。

相手先がわかっていても必ず添付ファイルをウイルススキャンをすること


これも必要です。

日に日に巧妙になっていくウイルスメール

皆さんも気をつけてくださいね


それでは今日はこのへんで失礼します
posted by 和地 at 22:29| Comment(0) | 運用保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする