2017年12月11日

情報漏えい原因TOP3について再確認

こんにちは、川島です。

今回は、何かと忙しい師走の時期、また忘年会シーズンなので
注意喚起の意味も込めて『情報漏えいの原因TOP3』について書きたいと思います。


そもそも、情報漏えいの原因の主なものは何だと思いますか?
原因の多くは、コンピュータの問題ではなく『人為的ミス』なんです。
中でもTOP3は下記の通りです。

1.誤操作
2.紛失・盗難
3.管理ミス

誤操作というのは、
『メールを送る際に誤った宛先に送ってしまった』
『怪しいWEBサイトで怪しいボタンをクリックしてしまった』
などのことです。


早くメールを送らなければいけない、WEBサイトで架空請求されたなど、
『焦っているときこそ冷静に見直し』をしましょう。注意1秒怪我一生です。


紛失・盗難は、多いところで電車やタクシーでの『置き忘れ・置き引き』です。
本当によくある話でして、

『網棚などに置いたままにしてしまった』、『飲み会の後で気づいたら無かった』
という話を耳にすることが多いです。

特にこの時期、酒は飲んでも飲まれないようにしましょうね。


最後に管理ミスですが、『個人情報』の管理方法・取り扱いの考え方の問題です。

例えば、下記のようなことです。

『個人情報を含む印刷物をデスクに置いたまま』
『お客様情報を含む資料が行方不明になってしまった』
『公共の場で、お客様情報を大声で話してしまった』

これらは、完全にアウト!ですね。

また、これに加えて社内の情報セキュリティの脆弱性も管理ミスだと思います。

『会社の存続を左右するような個人情報を扱っている意識』を社内で定着させることと、
情報の適切な管理と、お客様情報を『持ち出せない』、『持ち出させない』ような
仕組みを設けるなどの仕組み作りが重要ですね。

これは、お客様情報を扱う会社としての『管理責任』だと思います。
大変かもしれませんが、しっかり整備しましょうね。


さて、TOP3について書いてきましたが、如何でしょうか?
この時期に限った話ではないのですが、注意しましょうね。
では、今回はこの辺で。
posted by 川島 at 10:19| Comment(0) | 運用保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

office2016で変わってしまった規定のフォントを変更する方法


こんにちは。和地です。


皆様はもうoffice2016を使用しておりますでしょうか?


このoffice2016ですが、ひとつ大きく変わったところがありまして

それは・・・





デフォルトのフォントが変わっている


ことです。


今までは「MS Pゴシック」などが既定のフォントになっておりましたが

office2016では「游ゴシック」や「游明朝」になっております。(游明朝はwordでのデフォルトフォントです)



このままでは見づらいということもあるかと思います。

ですので早速既定のフォントを変えてみたいと思います。


まずはword

1リボンの「ホーム」タブにある「フォントダイアログボックス」をクリックします。(右下にある四角い小さいアイコン)
word1.png

2開いたダイアログにある「フォント」を変更したいフォントに変更し、の左下にある「規定に設定」ボタンをクリックします。

word2.png
3次に開いたウィンドウで「Normal.dotmテンプレートを使用したすべての文書」を選択して「OK」をクリックし完了です。


続いてexcelでの変更方法ですが

wordとは変更方法が違っております(統一して欲しいところですが・・・)


1ファイルメニューから「オプション」を選択します。
excel1.png

2「Excelのオプション」ウィンドウにて、「基本設定」を選択します。


3中段に「新しいブックの作成時」というコーナーがあるので、「次を既定フォントとして使用」欄のフォントを変更したいフォントに変更して「OK」をクリックし完了です。
excel3.png




とりあえずよく使うであろうwordとexcelの変更方法でした。

文字のサイズも変更できますので

いつも資料を作成する前に変更していることがあれば最初に変更しておけば余計な手間が減るかもしれませんね



それでは今日はこのへんで失礼します。



和地

posted by 和地 at 11:51| Comment(0) | 運用保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

ランサムウェアだけじゃない。ウイルスメールにご注意を


こんにちは。和地です。


少し前になりますが川島、佐々木よりコンピューターウイルスについての記事があがっておりましたね。

詳しくはこちら。
川島「ランサムウェア(Ransomware)とはなにか?」

佐々木「ウイルスについてのあれこれ」

今回はお客様先で実際にあった事例をお話したいと思います。


今回あったのは一通のメール

送信元はランダム(踏み台になっている可能性大)

件名が「賃料入金の案内」や「請求書を送付します」と記載。

メール本文には「お送りします、ご確認ください 日本人名(これもランダム)」とだけ記載されている。

そしてファイルが添付されており「.txt」や「.xls」のファイルが
付いております。

イメージはこのような感じです

メール.jpg

非常に怪しいメールだったのでユーザーには開かずに削除してもらうようお話しし
後日JC3に情報がないか確認したところ
インターネットバンキングマルウェアに感染させるウイルスメールだったことがわかりました。


詳しくはこちら


請求書や入金案内などユーザーにとって「なんだろう?関係者からのメール?」と思わせるような内容となっており、ユーザーにファイルを開かせるような手法がとられております。

川島や佐々木も案内しておりましたが


怪しい添付ファイルは絶対に開かないこと


これが一番です。

相手先がわかっていても必ず添付ファイルをウイルススキャンをすること


これも必要です。

日に日に巧妙になっていくウイルスメール

皆さんも気をつけてくださいね


それでは今日はこのへんで失礼します
posted by 和地 at 22:29| Comment(0) | 運用保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする