2018年06月18日

Excelで関数が入力されたセルを判別する方法

こんにちは、滝澤です。

いつものようにアカウント作成業務を実施していた時のこと。

Excel関数でランダム文字列を含むメールアドレスを作成していますが、
一度メールアドレスを確定した後はメールアドレスが変更されないよう、
コピーして値貼り付けをしています。
それを忘れてExcel上の値を修正し、メールアドレスのランダム関数部分が変更され。。。
二度手間です。

今回は、対策として実施した、
「Excelで関数が入力されたセルを判別する方法」について投稿したいと思います。

利用するのは、Office2013から追加された「ISFORMULA関数」、「条件付き書式」です。

※Office2010では以下の関数を登録してください。
 ----
 Public Function IsFormula(chkRng As Range) As Boolean
  If CStr(chkRng.Formula) <> CStr(chkRng.Value) Then
   IsFormula = True
  Else
   IsFormula = False
  End If
 End Function
 ----

@対象範囲を選択します。
  無題0.png

Aホームリボンから「条件付き書式」、「新しいルール」を選択します。

B以下の設定します
 「数式を使用して、初期設定するセルを決定」を選択
 「次の数式...」に、「=FSFORMULA(C3)」 ※選択範囲の一番上を指定
 「書式」として色を設定

C関数が入力されたセルに色が付きます。
 無題3.png

これで関数入力されたセルが一目でわかるようになりました。
作業の手戻りを少しでもなくせれば幸いです。

それではこの辺で失礼します。

posted by 滝澤 at 13:10| Comment(0) | Windows・Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: