2018年03月25日

eMMCとSSDの違いって?

こんにちは、和地です。


先日、友人何名かから「ノートパソコンを買いたいのでオススメを教えて欲しい」と依頼があり
色々なノートパソコンを見ていたところ

「ストレージ、eMMC:64GB」といった文言をよく見かけました。

私も格安モバイルノート(3万円台)を持っているのですがそれもeMMC・・・

一体eMMCとは・・・?


ということで今回はeMMCとSSDの違いについてお話したいと思います(^O^)



まず、SSDですが

ソリッドステードドライブの略で、ハードディスクのように動作するメモリー装置。記憶媒体にフラッシュメモリーを使用し、ハードディスクと同じ外観、インターフェースを持ち、ハードディスクの代わりにそのまま使用できる。モーターやヘッドのような機械的な可動部品がないため、消費電力が低く、軽量・高速。また、耐衝撃性にも優れる。ノートパソコンでハードディスクの代わりに使用されるケースが増えている。[コトバンクより]


まぁ、皆さんご存じですよね
HDDに比べ1GB単位の単価は高い(今は大分安くなったけども)ですが
静音、消費電力の低さ、機器のサイズの小ささが優れている装置です。
高価なパソコンには間違いなくSSDが積まれていると思います。

特に、SSDの効果を発揮するのはwindowsの起動
HDDに比べ、30秒近く早く起動できるのが魅力です

私もデスクトップはHDDからSSDに感想し起動の速さに感動しました(その話はいつかどこかで・・・)


さて、eMMCですが
「embedded Multi Media Card(エンベッデッドマルチメディアカード)」の略称
NAND型フラッシュメモリーと制御回路からなる記憶装置。また、同装置についてJEDEC(ジェデック)(合同電子デバイス委員会)が策定した規格の名称。SSDに比べてデータ転送速度は遅いが、小型で消費電力が小さい。スマートホンやタブレット型端末などに広く実装される。[コトバンクより]

ドライブではなく、カードなんですね。

SSDと同じようなフラッシュメモリを利用した記憶装置・・・のようですが読み書きの時間はeMMCのほうが遅いようですね(自分はそこまで体感しませんでしたがm(_ _)m)。
消費電力の少なさと小型なところからスマートホンやタブレット、格安ノートに使われているようです。

読み書きが遅い・・・とは言うもののHDDよりは十分早い上、自分はそこまで体感するほどの差がなく感じたので、そこまで気にする必要はないと思います(^O^)

また、SSDは付け替えや増設などが可能ですが、eMMCは組み込み型の為付け替えが出来ないので注意が必要です。

windows10だと少なくとも15GB近く容量を使用するので
eMMCのノート端末を購入するなら64GBのタイプにするといいかもしれませんね

ノートパソコン購入の際に少しでも役に立てばと思います。


それでは今日はこのへんで



和地
posted by 和地 at 17:53| Comment(0) | PC・タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: