2015年07月17日

最適DNSを使おう(3)DNS設定方法

こんにちは。河辺です。

さて今回は、DNSについての第三弾です。

前回まではコチラ。
 ⇒『最適DNSを使おう(1)DNSって何?』
 ⇒『最適DNSを使おう(2)パブリックDNS』


DNSについての記事を書いてきましたが、
「で、これどうやって設定するの?」
と聞かれて気付きました。

設定方法を説明していませんでしたね(^^;

という事で今回は、PCへのDNS設定方法について説明します。
Windows7にて説明してますが、8および8.1でもほぼ同じです。

ではまいりましょう。


1.[スタート]から[コントロールパネル]を開き、
 [ネットワークとインターネット]をクリック。
 DNS3_01.png

※Windows8および8.1の場合
  1.デスクトップ画面で右上隅にマウスポインタを合わせる。
   (タッチパネルの場合は画面右端からスワイプ)
  2.表示されたチャームから[設定]を選択。
  3.[コントロールパネル]を選択。
  4.[ネットワークとインターネット]を選択。


2.[ネットワークと共有センター]をクリック。
 DNS3_02.png


3.[アダプターの設定の変更]をクリック。
 DNS3_03.png


4.ここはお使いのPCによって変わってきますが、大抵は
  「ローカルエリア接続」(有線LANケーブルにて接続)
  「ワイヤレスネットワーク接続」(無線LANにて接続)
 のどちらかだと思います。
 複数のアイコンが表示された場合、×が付いていないアイコンを選択します。
 ※下図では「ワイヤレスネットワーク接続」になります。
 そのアイコンを右クリック>[プロパティ]をクリック。
 DNS3_04.png


5.[インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)]を選択し、
 [プロパティ]ボタンをクリック。
 DNS3_05.png


6.赤枠内がDNSを設定する部分です。
 前回記事を参照し、それぞれ入力してください。
 ※下図では「Google Public DNS」を設定しています。
 DNS3_06.png

※ここに既に値が入っている場合、変更して大丈夫か確認してください。
 前回も書きましたが、会社のPCの場合は変更すると
 社内システムが利用できない、PCにログインできない
 等の弊害が出る恐れがあります。

 もしくは、社内のIT担当者から怒られます(苦笑


以上、今回はこのへんで。

次回はDNS関連の便利なツールを紹介予定です。

Don't miss it!
posted by 河辺 at 14:05| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: