2017年05月28日

ランサムウェア(Ransomware)とはなにか?

皆さんこんにちは。川島です。

今回は、最近騒がれていた『ランサムウェア』について
書いていきたいと思います。

そもそも、これがどういったものなのか確認していきましょう。

『ランサムウェア』とは『身代金(仮想通貨を使用)要求ウィルス』のことで、
Ransom(身代金)とSoftwareを合わせた造語です。

感染すると下記のような状態になります。

 ●データが暗号化され、暗号解除に対する身代金要求をしてくる
 ●コンピュータの操作がロックされ、解除に対する身代金要求をしてくる
 ●ネットワーク上にある別のPCにも伝染する

このウィルスは実は昔からあるウィルスですが、
近年特に増加しており、国内では2016年では前年度比でみると3.4倍程
被害が起きているそうです。

最近騒がれていた事件は、2017/5/12頃に発生した『WannaCry』という
暗号化型ウィルスによるサイバー攻撃が世界規模で発生。
個人だけでなく法人でも被害が確認されたというものです。

この『WannaCry』が怖いところは、
ネットワーク経由でOSの脆弱性を攻撃、感染するところです。
世界的にもWindowsXPなど『サポート終了となったOS』のPCが、現在も多数
稼動している状況にあるため、脆弱性をついた攻撃に対処できなかった形です。

また、今回のウィルスは『ワーム型』という同一ネットワークの他の機器にも
自動拡散してしまう機能を持っていたため感染拡大してしまったのです。

ちなみに、『このウィルスに感染して暗号化されてしまった場合、
身代金を支払ったら復号化出来るのか?』について調べてみると、
一応復号化出来る場合が多いようです。

ただ、一般的には『復号化できる保障はないのだから、支払わないように』
呼びかけています。架空請求などと考え方としては同じですね。


さて、一般的に今回のようなウィルスの感染経路としては、下記3つになります。

 @不審メールの添付ファイルからの感染
 A不審なWEBサイトからの感染
 B不審なソフトウェアからの感染

多くはメール・WEBサイトからの感染だそうです。

対策方法は各所でも書かれていますが総じて以下4つになります。

1.不審なメールの添付ファイルやリンクは開かない
2.OSを最新の状態に保つ
3.バックアップをこまめに取る
4.ウィルス対策ソフトをインストールしておく

このようなランサムウェアはPCだけでなく、スマートフォンでも被害が
出ているようです。これは注意が必要ですね。

いつの世も、ウィルスは人知れず蔓延しています。
被害にあう前に、出来うる限りの対策はとっておきましょうね。

それでは、今回はこの辺で。
posted by 川島 at 14:59| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

VRやAR、MRって?

こんにちは。和地です。


少し前ですがプライベートで友達と映画を見に行きまして、

その映画、ARやVRといった用語がよく出たんですよ。

そこで映画を見ながらふと思いました。

VRとARの違いってなんだっけ…?

ということで早速調べてみました。


VRとは…

virtual Realityの略です。

仮想現実や人工現実感と呼ばれ、コンピューター上に人工的な環境を作り出し

あたかもそこにいるかの様な感覚を体験できる技術です。

2016年がVR元年と呼ばれており、様々なVR機器が発売されています。


ヘッドセットをつけて体験するやつですね。

例えばですが、

ヘッドセットをつけてバイクが走っている映像を見ると、

あたかも自分がバイクを運転している感覚になる・・・。

といった感じですね。


続いてARですが…

Augmented Realityの略です。

現実空間に付加情報を表示させ現実世界に拡張する技術の事です。


大人気スマホアプリ『ポケモンGo』がAR技術を使用してますね。

また、洋服を選ぶときに鏡に立つだけで実際に試着しなくても

商品を試着できるようなシステムもARになると思います。


VRとARの違いは…

VR…仮想世界に入り込む

AR…現実世界が主体

となっています。


また、VRやARを調べていたところMRという単語も出てきまして、

ちょっと調べてみました。


MRとは

Mixed Realityの略です。

複合現実と呼ばれ、CGなどで作られた人工的な仮想世界に

現実世界の情報を取り込み、現実世界と仮想世界を融合させた世界を創る技術。

現実に3Dホログラム世界を融合させたもの、ですね。


現実世界と仮想世界の融合・・・。

現実と非現実の区別がつかなくなりそうですね。

SF映画にまた一歩近づいている感じがします。

技術の進歩はすごい(^O^)


運用保守の話とはそれてしまいましたが、

今日はこのへんで失礼します。


和地
posted by 和地 at 09:38| Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

Outlook2013で他の人予定表や会議室の予定表など作成権限がない予定表をダブルクリックすると「このフォルダー内にアイテムを作成するためのアクセス権がありません・・・」と表示される事象について


こんにちは、神代です。

今回は私が保守をさせて頂いているお客様環境で、
Office2010からOffice2013に移行した際に多くお問合せ頂いた内容を紹介したいと思います。

●エラー内容
Outlook2013で他の人予定表や会議室の予定表など作成権限がない予定表
ダブルクリックで予定を登録しようとすると下記エラーが表示されてしまう事象についてです。
会議室予約_1.jpg

上記エラーが表示される場合でも下記方法で予約することができます。

方法1
予定表の表示形式が「日」「稼働日」「週」「月」だとエラーが表示されてしまうので
「グループスケジュール」に変更し、対象の予定表をダブルクリックして登録する。
会議室予約_2.jpg


方法2
自分の予定表を開き、新しい会議の登録で対象の人、会議室を追加する。

自分の予定表を開き、「新しい会議」をクリックする。
会議室予約_3.jpg

「会議室」をクリック。
会議室予約_4.jpg

対象会議室を選択し「会議室」をクリック、選択が完了したら「OK」をクリックする。
会議室予約_5.jpg

「送信」をクリックする。
会議室予約_6.jpg

方法は以上になります。
Office2010ではダブルクリックで予約出来ていたものが、Office2013ではエラーになってしまうのか
調べてみたところマイクロソフトのOutlookサポートブログに記載があり仕様変更が原因だったようです。

Outlook2010の場合は
・予定表の表示形式が「日」「稼働日」「週」「月」の場合
 ⇒作成権限がある場合は予定を作成作成権限がない場合は会議を作成
・予定表の表示形式が「グループスケジュール」の場合
 ⇒会議を作成

Outlook2013の場合は
・予定表の表示形式が「日」「稼働日」「週」「月」の場合
 ⇒予定を作成(作成権限がない場合”予定の作成”はできないためエラーになる)
・予定表の表示形式が「グループスケジュール」の場合
 ⇒会議を作成

※更新プログラムの適用状態によっても動作が異なるようなので詳細は下記URLをご覧ください。


Office2016も基本的にはOffice2013と同様の仕様になっているようですが、
上で紹介した「方法1」の表示形式をグループスケジュールに変更して
ダブルクリックで会議登録するにはレジストリ設定が必要になるようです。

●Office2016 でのレジストリ設定
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options\Calendar
値の名前: UseMeetingInDelegateScheduleView
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 1


Outlook2010からOutlook2013 or Outlook2016に移行した場合には
問題になる可能性が高いと思われますので紹介いたしました。

今回は以上になります。
posted by 神代 at 11:28| Comment(0) | Windows・Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする