2017年02月20日

Windows10でも使用可能!隠し機能GodModeについて

こんにちは、神代です。

今回は以前紹介した”GodMode”がWindows10でも使用可能だったので紹介します。
以前紹介したWindows7の記事はこちら

設定方法はWindows7の時と全く同じでしたが、再度紹介したいと思います。
・新規フォルダを作成します。
GodMode_1.jpg

・作成したフォルダ名を下記名称に設定します。
 GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
GodMode_2.jpg

・フォルダ名を確定するとアイコンが自動で切り替わります。
 以上で設定完了です。
GodMode_3.jpg

・GodModeを開くと下図のように、設定項目一覧が表示されます。
 Windows10での項目数は”249”でした。Windows7では”278”だったので
 少し減ってしまったようです。
GodMode_4.jpg

GodModeでジャンプできるのはコントロールパネルなど従来の設定項目のみのようなので
コントロールパネルからWindows10の「設定」に移った機能分減ったのではないかと思います。
GodMode_5.jpg


設定項目のショートカットを作成することも出来ます。
GodMode_6.jpg

作成したショートカットから簡単に設定項目へアクセス可能になります。
GodMode_7.jpg

作成したショートカットは他のPCでも使用可能なので、
キッティングで使用する設定項目や頻繁に変更する設定項目のショートカットを作成し、
USBメモリなどに保存しておくと作業時間を短縮することが出来ると思います。
ぜひ試してみてください!

※隠し機能であるため、動作が保障されているものではありません。
 GodModeを使う際は自己責任でお願いします。

今回は以上になります。
posted by 神代 at 11:21| Comment(0) | Windows・Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

Windows10 Home でのユーザーアカウント操作

こんにちは。河辺です。

先日、とあるPCのキッティング作業をしておりまして。

管理者アカウント(Administrator)しかない状態のPCです。

じゃあまずはユーザー追加からだな、と作業を進めておりました。

 ※以下は失敗した時の操作方法ですのでお気を付けください(^_^;)

1.左下Windowsマークを右クリック→コントロールパネル。

2.『ユーザーアカウント』をクリック。

Win10Home_User01.png
3.『別のアカウントの管理』をクリック。

Win10Home_User02.png
4.『PC設定で新しいユーザーを追加』をクリック。

Win10Home_User03.png
5.『その他のユーザーをこのPCに追加』をクリック。

Win10Home_User04.png
あ、あれ?

ユーザーアカウントツールを使用してください、って
そこから操作した結果がここなんだけど・・・。

しょうがない、コンピュータの管理から直接作ろう。

6.左下Windowsマークを右クリック→コンピュータの管理。

Win10Home_User05.png
えー・・・あれ?

「ローカルユーザーとグループ」が無い??

あ、まさかこれは

Win10Home_User06.png

はい、まさかの『Windows10 Home』でした(^_^;)


という事で、前置きが長くなりましたが

Windows10 Home でのユーザーアカウント追加方法
を説明します。


1.スタート→Windowsシステムツール→「コマンドプロンプト」を右クリック
  →その他→「管理者として実行」をクリック。

2.コマンドプロンプト(黒い画面)が表示されるので、
 以下のコマンドを入力しエンターキーを押します。

 net user xxxxxx /add
  (xxxxxxの部分にユーザー名を入れる)

Win10Home_User07.png
 画面では「CBIT」というユーザーを追加してます。

3.アカウントの管理の画面を見ると、ユーザーが追加されてます。

Win10Home_User08.png

 あとはこの画面にてアカウントの種類やパスワードを設定してください。


以上です。

Homeエディションはちょっと厄介ですね。

「そもそもAdministratorアカウントが無いよ?」

という突っ込みもありそうなので説明しますと、

Windows10ではAdministratorアカウントは無効にされているので、

以下の方法にて有効にします。

1.前段の方法によりコマンドプロンプト画面を出す。

2.以下のコマンドを入力しエンターキーを押します。

 net user administrator /active:yes

以上でAdministratorアカウントが有効になります。


あとついでに、パスワードの有効期限を無期限にする方法を紹介します。

セキュリティ的にどうかとは思いますが、

状況によってはパスワード変更を促されると困るケースもあるので(^_^;)

1.前段の方法によりコマンドプロンプト画面を出す。

2.以下のコマンドを入力しエンターキーを押します。

 net accounts /maxpwage:unlimited

 ※存在するすべてのアカウントに対し有効です。


以上です。

会社でHomeエディションを導入するケースは少ないですが、

ご自宅などではHomeエディションを選択するケースもありますよね。

アカウント分けて利用したい時は、この方法で追加してください。

では今回はこの辺で。

posted by 河辺 at 18:16| Comment(0) | Windows・Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする