2018年07月02日

Office2019プレビュー版をインストールしてみました

こんにちは。舘です。

現代において仕事に欠かせない「MicrosoftOffice」
パッケージ版は3年単位でバージョンアップされており
現行が「Office2016」、次期バージョンはOffice2019になります。

そう、あと1年足らずで新バージョンが発売されるのです。
(Microsoftは2018年下半期よりOffice2019の提供を開始するとしています。)

そんなOffice2019のプレビュー版が
Office 2019 Commercial Preview プログラムとして
公開されていたのでインストールしてみました!


■インストール方法

Office2019のインストールには上記プログラムへ参加後
"Office Deployment Tool"を入手する必要があります。
Microsoftサポートサイトにて手順が解説されているのでここでは省略します。

"Office Deployment Tool.exe"を入手後に
ダブルクリックで実行するとライセンス条項が表示されます。
下部の「Click here to accept the Microsoft Software License Terms.」に
チェックを付けて「Continue」をクリックします。


展開先の選択ウィンドウが表示されるので任意の場所を選択し
「OK」をクリックします。


選択したフォルダ内を確認すると
・setup.exe
・configuration.xml
という2つのファイルが展開されているはずです。

Office2019では、Click-to-Run形式でのインストールのみサポートしており
事前に"configuration.xml"にインストールのオプションを記述したうえで
"setup.exe"を実行する必要があります。

なお、展開したままの状態だと"configuration.xml"が
Office2019をインストールする設定になっていないので
メモ帳で開き、以下のような記述に書き換えてください。

<Configuration>
<Add OfficeClientEdition="64" Channel="Perpetual2019">
<Product ID="ProPlus2019Volume" PIDKEY="N9J9Q-Q7MMP-XDDM6-63KKP-76FPM">
<Language ID="ja-jp" />
</Product>
</Add>
</Configuration>
※32bitOSをご利用の方は"Add OfficeClientEdition="の後ろの数字を"32"に書き換えてください

書き換え後、上書き保存すると準備完了です。
コマンドプロンプトで展開場所まで移動し
以下のように"setup.exe"を実行します。

>setup.exe /configure configuration.xml

setup.exeを実行するとインストールが始まります。
インストール時のオプションはconfiguration.xmlにて事前に指定してあるため
待っているだけでインストールが進んでいきます。

↑のような表示になったらOffice2019のインストールは完了です。

試しにExcelを起動して製品情報を見てみると
しっかりOffice2019がインストールされているのがわかります。



■使い勝手は?新機能はある?

インストール後、Office製品の中でも使用頻度の高そうな
Excel/Word/PowerPoint/Accessを起動してみました。

実際に起動してみると見た目や操作感がOffice2016と全く同じと言えるほど変化しておらず
バージョンアップで戸惑うユーザーは少ないのではという印象です。

また、MicrosoftサポートにOffice2019の新機能リストが記載されています。
以下に一部抜粋しましたが、あまり目新しいものもなく既存機能の改善が主になっているようですね。

Word
 -ブラックテーマ
 -Officeサウンド
Excel
 -新しいグラフ形式(ファンネルチャートと2Dマップ)
 -新しいExcel関数
PowerPoint
 -プレゼンテーション内でスライドを並べるためのズーム機能
 -モーフィングトランジション機能
 -アイコン、SVG、3Dモデルの挿入と管理


■最後に

この「Office 2019 Commercial Preview プログラム」は
導入を検討する立場の方に向けた措置ではありますが
一利用者、そしてユーザーサポートを行う立場から見ても非常に役に立つものです。

アップデートの影響が気になる方、純粋に新しいものが好きな方は
ぜひ一足先にOffice 2019」をお試しください!!
posted by 舘 at 08:00| Comment(0) | Windows・Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

Excelで関数が入力されたセルを判別する方法

こんにちは、滝澤です。

いつものようにアカウント作成業務を実施していた時のこと。

Excel関数でランダム文字列を含むメールアドレスを作成していますが、
一度メールアドレスを確定した後はメールアドレスが変更されないよう、
コピーして値貼り付けをしています。
それを忘れてExcel上の値を修正し、メールアドレスのランダム関数部分が変更され。。。
二度手間です。

今回は、対策として実施した、
「Excelで関数が入力されたセルを判別する方法」について投稿したいと思います。

利用するのは、Office2013から追加された「ISFORMULA関数」、「条件付き書式」です。

※Office2010では以下の関数を登録してください。
 ----
 Public Function IsFormula(chkRng As Range) As Boolean
  If CStr(chkRng.Formula) <> CStr(chkRng.Value) Then
   IsFormula = True
  Else
   IsFormula = False
  End If
 End Function
 ----

@対象範囲を選択します。
  無題0.png

Aホームリボンから「条件付き書式」、「新しいルール」を選択します。

B以下の設定します
 「数式を使用して、初期設定するセルを決定」を選択
 「次の数式...」に、「=FSFORMULA(C3)」 ※選択範囲の一番上を指定
 「書式」として色を設定

C関数が入力されたセルに色が付きます。
 無題3.png

これで関数入力されたセルが一目でわかるようになりました。
作業の手戻りを少しでもなくせれば幸いです。

それではこの辺で失礼します。

posted by 滝澤 at 13:10| Comment(0) | Windows・Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

windows詐欺広告にご注意を

こんにちは、和地です。


今日はインターネットでよく見るようになった広告についてのお話をしたいと思います。


インターネットでwebページを見ているとこんなページが出てくることがあります。



無題11.jpg


さて、この広告ですが


偽広告です


このシステム警告の広告、突然現れることが頻発しており、騙されたユーザーにソフトウェアをインストールさせる悪質な詐欺広告です。


バリエーションがいくつかあり

「windowsのセキュリティシステムは破損してます」とか
「お使いのコンピューターはウイルスに感染しています」等の画面を表示させます。
また、ご丁寧に警告音を鳴らすものもあり知らないユーザーは焦ってしまうと思います。

ここで更新ボタンを押すと、「ソフトウェアをインストールし駆除します」と表示され
ソフトウェアをインストールすると・・・

パソコンにスケアウェアやトロイの木馬など様々なウイルスが入り込むという寸法です。

また、アダルトサイトにページが飛ぶ・・・なんてこともあるようです。



ちなみに見分ける方法は
偽広告は「windows」の文字の前後に半角スペースがなく
公式は「 windows 10 」とかならず半角スペースがあることです。
そもそもブラウザでシステム破損がわかるか・・・?というとわからないと思うんですけどねm(_ _)m


ではこの偽広告・・・どこから発生してるかというと・・・
ウェブページのリダイレクト型広告からランダムで発生します。

広告が悪質業者にジャックされてしまったのか、はたまた広告配信業者がこういう悪質なものと知らないで容認してしまっているのか・・・その辺は定かではありません。

ただ、国内外の怪しげなサイト、動画サイト、違法ダウンロードサイトなどアングラ的なページを経由して表示されることが多かったのですが最近は普通のサイトでもバンバンでるみたいです

一つだけ言えることは、この偽警告がでてしまっても、

あなたのパソコンがウイルスにやられたわけでもプログラム破損したわけでもありません! そこは安心してください!!

更新を押して、開いた先のページからプログラムをダウンロードしてしまわない限りは影響はありません。


また、アンドロイドでも下記のような広告が出てくることがあります。

無題12.jpg

見た目は違いますが、中身は同じく偽広告なので出てきても焦らず、画面を閉じてしまえば問題ありません。


皆様くれぐれもご注意を・・・



それでは今日はこの辺で失礼します。


和地
posted by 和地 at 10:00| Comment(0) | 運用保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする